産後ダイエット方法!太ももやお腹のたるみの引き締め方は?いつからやるべき?

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ

妊娠・出産という大仕事を終えたママが次にしなければならないことといえば……そう、産後ダイエットです。

妊娠中に増えた体重はある程度戻るものの、どれくらい戻るのか不安な人もいるのではないでしょうか?

年齢が上がるごとに基礎代謝量が落ちるため、痩せることがだんだん難しくなってきます。

特に妊娠中は太ももやお腹に贅肉が付きやすく、ボディラインが崩れてしまっているのです。

そこで今回は、産後におすすめのダイエットをまとめてみました。

産後は何かと忙しい時期ですが、スッキリとした身体を取り戻せるように頑張りましょう!

産後ダイエット方法はいつから始める?

無事に赤ちゃんも生まれて一安心!というところで、さっそくダイエットをしようと張り切ってしまうママも多いと思いますが、産後すぐのダイエットは控えた方が良いです。

出産は思った以上に身体に負担がかかります。

それに、育児も始まりますから、ダイエットをする余裕を作るのが難しい時期でもあります。

ダイエットを開始する時期については、出産時や出産後のママの体調によって異なりますが、1ヶ月検診が終わったころをめどに始めるといいでしょう。

ただ、帝王切開だった場合は自然分娩よりも身体の負担が大きいため、2ヶ月くらい体調の回復に専念するのがいいかもしれません。

産後ダイエットが効果的なのは産後半年から1年ほどです。時間はたっぷりありますので、焦らずにじっくりと取り組みましょう。

また産後の骨盤矯正については効果的な期間はやや短くなります。

同じ骨盤ダイエットでも、今回の紹介する太ももやお腹のダイエット方法と、骨盤矯正では微妙に違ってきますので、注意をしてください。

関連記事⇒産後骨盤矯正はいつからいつまでが効果的?やり方は?

産後ダイエット方法・太もも編

では、具体的に太ももを細くするダイエット方法を見てみましょう。

下半身は太りやすく痩せにくいという特徴を持っています。

そんな太ももを細くするためにまずおすすめしたいのがウォーキングです。

ウォーキングなら自分のペースで始められますし、外を歩くことでいいリフレッシュになります。

ただ、歩く姿勢が悪いと逆に太ももが太くなってしまうことがありますので、姿勢には気を付けて歩きましょう。

歩くのに正しい姿勢は

背筋を伸ばし、上に引き上げられているような感覚で真っ直ぐに立ちます。

このとき、両肩は地面と水平にして、力を抜いてください。

お尻はキュッと締めて上に持ち上げるイメージです。

足を出すときは腰から足を出すように、太ももを意識しながら大きな歩幅で歩きます。

親指で足を蹴りだし、かかとから着地してください。

早く歩けば歩くほど、消費カロリーは多くなります。

また更にお尻を引き締めることのできる歩き方については、下記関連記事にまとめています。

太ももと一緒にお尻も引き締めたいという人は参考にしてみてください。

関連記事⇒下半身太りは歩き方で解消できる?効果的な歩き方とは?

ウォーキングでは物足りないという人は、太ももに1番効果のあるスクワットに挑戦してみるのもいいかもしれません。

目標は30回ですが、はじめは無理をせず、少しずつ回数を増やしていきましょう。

スクワットの正しいやり方をご紹介します。

1 足を肩幅2つ分開き、つま先は少しだけ外に向けます

2 手は頭の後ろで組むか、まっすぐ前に伸ばします。

3 息を吐きながら、お尻を後ろに下げます

この時、背筋を伸ばしてひざが爪先よりも前に出ないように気を付けてください。

4 息を吸いながらはじめの体勢に戻ります

以上の手順を、同じスピードで繰り返してください。

あまり頑張りすぎると筋肉痛の原因になるので、はじめはほどほどにしておきましょう。

もう少し詳しくスクワットの方法を知りたいという場合には、下記の関連記事にまとめています。

後半に映像もありますので、参考にしていただければと思います。

関連記事⇒モデルのような細い太ももを作るには?

産後ダイエット方法・お腹編

産後に気になる部位といえば、太ももと並んでお腹を挙げるママも多いでしょう。

体重は元に戻ったという人も、お腹の周りに妊娠前にはなかった贅肉が溜まったり、以前に履いていたパンツが履けなくなったりすることも。

これは、妊娠中に筋肉が減って脂肪が増えてしまったからです。

そこで、ウェストを引き締めてお腹周りをスッキリさせる方法をいくつかご紹介します。

まず、日常生活でも簡単にできることです。

テレビを見ている時や家事をしている時、赤ちゃんの世話をしている時、どんなときでも構いませんので、腹筋に力を入れることを意識してみてください。

おへそのあたりに力を入れて、息は止めないように自然に呼吸をします。

長く続けていると、お腹のあたりがプルプルしてくるのが分かります。

常に意識して腹筋に力を入れるのは難しいので、気が付いたときにこまめに行いましょう。

次に、ニートゥエルボーというエクササイズをご紹介します。

1 足を肩幅に開き、両手を頭の後ろに当ててまっすぐに立ちます

2 片方の膝を上げたまま上半身をひねり、上げた膝に反対側の肘をつけます

3 反対側も同じように行います。

膝とひじをつける時、前かがみにならないように、背筋は伸ばしたまま行ってください。

左右1回で1セットとして、10セットを目安に行いましょう。

関連記事⇒女性に重要な大豆を使った簡単ダイエット方法とは?

産後ダイエットの効果を出すためには?

ここまで太ももとお腹の産後ダイエット方法について紹介をしてきました。

こういった方法というのは、現在様々な場面で紹介されていることが多いのですが、それでも産後ダイエットの悩みが日本からなくならないのはなぜでしょうか?

やはり、継続できない人が多いということです。

もちろん産後は自分のことだけでなく、家族のこと、産まれた赤ちゃんのことなど、やることだらけで、なかなか時間が取れないのも現実です。

ただ、全てをやろうとしなくても大丈夫です。

自分にできることからでいいので始めてみてください。

効果をだす一番のポイントは、なんといっても継続です。

少ない時間で、少ない回数でも、とにかく継続をし続けることが大切なんですね。

関連記事⇒下半身太り解消方法記事まとめはコチラ

産後ダイエット方法まとめ

産後ダイエットは産後1ヶ月~半年、もしくは1年を目安に行うと結果が出やすいです。

出産後はまず体力を回復することを優先し、焦らずにダイエットに取り組みましょう。

太ももにはウォーキングやスクワット、お腹周りは腹筋を鍛えるのが効果的です。

頑張って妊娠前のスリムボディを取り戻してくださいね。

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ