大豆ダイエット方法は痩せるのか?効果抜群?イソフラボン効果と摂取量目安は?

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ

大豆といえばイソフラボンですよね。

ダイエットに関心のある方なら必ず耳にしたことがある栄養素でしょう。

しかし、イソフラボンがどのようにダイエットに効果的なのか、ということまでは詳しく分からない方も多いと思います。

そこで、今回は大豆ダイエットのメリットやイソフラボンの効果をまとめてみました。

大豆ダイエット方法は痩せるのか?イソフラボンって何?

では、まずはイソフラボンについて見てみましょう。

イソフラボンは、近年になって注目されるようになった成分で、フラボノイドと呼ばれるポリフェノールの一種です。

イソフラボンは大豆などのマメ科の植物に多く含まれています。

大豆イソフラボンの特徴は、女性ホルモンである「エストロゲン」に似た働きをするということです。

エストロゲンの主な働きは

1 肌の新陳代謝を促進し、ハリのあるお肌になる

2 髪や爪のツヤ、ハリを保つ

3 女性らしい丸みのある柔らかなボディラインを作る

4 更年期障害を緩和する

5 PMS(月経前症候群)をやわらげる

などなど、女性にとって大切な部分をサポートしてくれているのです。

女性の身体は年齢を重ねるごとに卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が急激に減少してしまいます。

それが原因でホルモンバランスが崩れ、いわゆる更年期障害を引き起こしてしまうのです。

エストロゲンは女性の身体にとって、必要不可欠なものなのです。

関連記事⇒女性はプロテインを飲むべき?効果はある?

イソフラボンの効果を実感するならとにかく継続

実際に大豆(イソフラボン)を定期的に摂取し続けると、身体に様々な良い効果は実感できると思います。

ただしこれは大豆(イソフラボン)に限ったことではありませんが、1週間食べ続けたからといってすぐに効果が表れるものではありません。

良く○○ダイエットが流行ると、その食品をとにかく量を食べて、1週間~1か月もしたら飽きてしまうというパターンの人が非常に多いです。

実際のところ、そういった健康食品もとにかく長い目で見て継続をすることが大切です。

私の経験上、食品や体調にもよりますが、半年は継続しないと本当の効果はわかりにくいと感じでいます。

テレビなどでは話題をとにかく作ることが重要なので、『すぐに効果がでる』などと宣伝をする場合もありますが、決してそういった情報に流されずに、地道に継続することが効果を出す近道になります。

ちなみに、大豆イソフラボンで個人的に感じるのは爪への効果も出やすいと思っています。

大豆ダイエットの嬉しい効果

先ほどはイソフラボンについてご紹介しましたが、大豆ダイエットのメリットはこれだけではありません。

そもそも、大豆は優れた栄養価を持つ食物で、様々な成分が含まれています。

大豆はたんぱく質です。

その量はお肉にも匹敵するほど豊富で、大豆は「畑の肉」と言われているほどなんです。

人体の20%がたんぱく質だと言われており、筋肉や皮膚、髪の毛、爪、臓器、ホルモンなどの重要な部分の大部分はたんぱく質によってつくられています。

たんぱく質を摂ることで身体の筋肉量が増え、基礎代謝がアップし、消費カロリーが増えるのです。

ダイエット中にたんぱく質を摂らないようにしている人も多いようですが、それは間違いなんですね。

また、大豆には「大豆ペプチド」という栄養素が含まれています。

大豆ペプチドとは大豆のたんぱく質が酵素分解や発酵することで生成されるもので、体脂肪の燃焼を促進させる効果があります。

さらに、大豆には「大豆サポニン」というものが含まれており、抗酸化作用を持っています。

血中の脂肪やコレステロールが活性酸素によって酸化されると血管内に脂肪が蓄積される原因になるのですが、抗酸化作用の働きで、活性酵素を除去することで、脂肪の参加を防ぐことができるのです。

人の身体にとってこんなに嬉しいことが多い大豆。

ダイエット時にはもちろん、そうでなくても積極的に食事に取り入れていきたい食物ですね。

関連記事⇒女性がプロテインを飲む効果的なタイミングとは?

大豆ダイエットの正しいやり方

大豆ダイエットの正しいやり方についてご紹介します。

大豆ダイエットの食べる量は?

大豆ダイエットは、1日に大さじ2杯ほどの大豆を食べること。

これだけです。

豆乳を飲んでもいいですし、納豆もおすすめです。

豆乳の場合は1日200ml、大豆の場合は1食10g、1日に30gを目安に食べるようにしましょう。

最近ではスーパーで缶詰やパック入りの豆も売られていますので、さほど苦労はしないでしょう。

また個人的におすすめ方法としては、大豆を100円などで売っているプラスチックのカップに入れておいて、ちょっとしたおやつや、小腹がすいたときなんかにつまむといいですね。

小腹がすいてお菓子に手が出そうになった時に、大豆を数粒食べると、意外と食欲を抑えることができて、お菓子に手が伸びにくくなります。

どんな大豆がいい?

1番栄養素を逃がさない食べ方は乾燥大豆を蒸して食べる乾燥大豆です。

水でよく洗った豆を一晩水につけておき、沸騰したたっぷりのお湯でゆでれば完成です。

が、手間がかかりますので、初めから煮大豆を購入することをおすすめします。

もしくは、納豆でもOKです。

関連記事⇒コーヒーダイエットって効果ある?具体的なやり方は?

大豆を食べるタイミングは?

食べるタイミングは食前にしてください。

食事よりも先に食べることによって、血糖値の上昇を防いでくれます。

また、豆類は意外とおなかがふくれるので、自然と食事の量が少なくなります。

注意点は、食べすぎないことです。

大豆には多くの栄養が含まれているので、カロリーは低くありません。

多くのダイエット効果を得ようとたくさん食べてしまうと、かえってダイエットが上手くいかなくなってしまいます。

1日30gを目安に、多くても60g程度でとどめておきましょう。

何事もほどほどが1番なんですね。

また、先程お伝えをした、おやつなどに食べる場合も食べすぎには注意をしてください。

意外と大豆も食べ始めると美味しくて、量を食べてしまうこともありますので、要注意です。

関連記事⇒キャベツダイエット方法のやり方は?

大豆ダイエット方法まとめ

大豆は女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きがあり、女性の身体に嬉しい効果をもたらしてくれます。

また、大豆は栄養豊富な食物のため、基礎代謝のアップや、体脂肪の燃焼効果などをもたらしてくれます。

大豆ダイエットの方法は豆乳なら1日200ml、大豆なら1食10gを目安に1日30g~60gを食前に食べるだけ。

食前に食べることによって血糖値の上昇を抑え、満腹感を得ることもできます。

ただ、食べ過ぎるとかえって太ってしまうこともあるので、壱日の目安量は守りましょう。

大豆ダイエットはただ痩せるだけでなく、女性として美しく輝くこともできるダイエットです。

あなたも今日から始めてみてはいかがですか?

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ