産後は骨盤矯正が大切?いつからいつまでやるべき?やり方や効果は?

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ

昔は妊娠するととにかく太れと言われたものですが、現代ではそうはいかないですよね。

検診のたびにきっちり体重管理されて、太り過ぎないように注意され、出産が終わったら今度は元の体重に戻るためにダイエット。

世の中のお母さんは本当に大変ですね。

そんな産後ダイエットに最も適しているといえるのが、骨盤矯正です。

芸能界でも、ビックリするくらい短期間に痩せて芸能界復帰される方がいらっしゃいます。

そんな人が骨盤矯正をやっていた、なんて聞いたことありませんか?

今回は、何故産後に骨盤矯正がいいのか、その効果などをまとめてみました。

何故産後には骨盤矯正がいいの?

まず前提として、赤ちゃんを産んだお母さんの身体は、すぐには元に戻りません。

出産後3ヶ月くらいは体重が順調に減っていきますが、それ以降は体重の減りもゆるやかになり、産後6ヶ月頃には安定することが多いようです。

その半年の間に何もしないと、元の体重よりも3~5kgほど体重が戻らず、妊娠前よりも太ってしまう人もいるのです。

出産後というのは、骨盤が大きく開いている状態で、内臓を支えている骨盤底筋群がゆるんでいます。

内臓が正しい位置にないと内臓の働きが弱まり、代謝が悪くなってしまうのです。

その結果、身体が脂肪を溜めこみやすくなっています。

さらに、妊娠中に動かずにいたことで筋力が落ち、お腹がぽっこりと出てしまうことも。

産後に体形が崩れてしまうのはこれが原因です。

骨盤矯正をすることで内臓を正しい位置に戻し、代謝を上がるのと同時に、お腹についた脂肪も減っていきます。

また、産後は妊娠前と姿勢が変わってしまうというママが多いのです。

何故かというと、妊娠後期にお腹が大きくなるにつれ、重心のバランスをとるために「反り腰」になる人が多いからです。

出産後もその姿勢を続けていると、身体に不調があらわれることも。

反り腰も骨盤の歪みが原因ですので、骨盤矯正することで改善することができます。

反り腰によるその他の影響は?

ちなにみ反り腰になることによる、影響は非常に多いです。

何といっても腰痛です。

常に腰回りの筋肉が緊張をしている状態ですので、腰の負担が大きくなり、少し立っていただけでも腰が痛くなったりします。

反り腰は姿勢も悪い状態ですので、他の筋肉でそれを補おうをするため、肩こりや結果としては頭痛になったりもします。

そして常に頭痛があることで、気分が晴れないことが多い上に、子育てのストレスも重なり、産後鬱の状態になってしまうこともあります。

産後は、環境の変化もあり様々なストレスがお母さんにはかかりますが、骨盤のゆがみによる反り腰も、ストレス要因のひとつになるということですね。

関連記事⇒姿勢が人格を変える?

産後骨盤矯正ダイエットはいつからいつまでやるのがいいの?

では、産後骨盤矯正ダイエットの正しいやり方をご紹介します。

まず、産後骨盤矯正ダイエットをいつからいつまでやるのが効果的でしょうか。

産後ダイエットとして骨盤矯正を始めるタイミングですが、自然分娩の場合は産後1ヶ月をすぎてから、帝王切開の場合は産後2ヶ月を過ぎてからがベストです。

出産したての頃は体力も戻っておらず、赤ちゃんのお世話すらなかなかうまくできない状態です。

ママの母体が少し回復し始めた頃に始めるのが良いでしょう。

またいつまでやると効果がでやすいかというのも気になりますよね。

ある程度産後ダイエットの効果が期待できるのは、産後6ヶ月までです。

6ヶ月を過ぎた頃から身体についた脂肪が安定し、落ちにくい性質へと変化します。

つまり、産後6ヶ月までは、ママの身体は体重が落ちやすくなっているというわけなんです。

そのため、無理は禁物ですが、産後1ヶ月くらいから産後ダイエットをはじめ、6ヶ月くらいまで頑張るのが理想的です。

焦って身体の調子が良くないのにダイエットを始めてしまうと、身体の回復が遅くなったり、体調不良が続いてしまうことも。

また、ダイエット中でも違和感を感じたり、体調の不安を覚えたらいったん中断し、身体を休めましょう。

関連記事⇒女性の身体にやさしい白湯ダイエットのやり方と効果とは?

骨盤矯正を手軽に行う正しい方法

自宅で簡単にできる骨盤矯正といえば、骨盤矯正ストレッチです。

ここでは、2種類のストレッチをご紹介します。

まずは1つ目。

1 肩幅に足を開いて立ちます

2 腰に手を当ててぐるぐると腰を回します

腰を回すとき、骨盤を意識して回すのがポイントです。

もう1つは赤ちゃんと一緒に行える体操です。

1 赤ちゃんを抱っこした状態で座って膝を45度に曲げ、足の指を上に向けます

2 太ももの上に赤ちゃんを乗せ、手で支えながらかかとを軸にして爪先や身体を前後にゆらゆらと揺らします

あまり1度に頑張り過ぎず、毎日コツコツと行うのがポイントです。

その他に骨盤ベルトを使ったり、骨盤矯正椅子で姿勢をなおしたりする方法があります。

また、骨盤矯正は自分で行うだけでなく、整体やエステ、カイロプラクティックでも受けることができます。

そういった施術に頼るのもいいでしょう。

骨盤調整ダイエットには様々な方法があり、今回紹介した以外にも多くの運動があります。

その他の運動についても別記事でまとめていますので、参考にしていただければと思います。

関連記事⇒1分で手軽にできる骨盤ダイエット方法とは?

産後骨盤矯正まとめ

産後ダイエットに骨盤矯正がおすすめなのは、妊娠・出産で歪んでしまった骨盤を元に戻すことで、妊娠前の身体にスムーズに戻りやすくするためです。

産後1~2ヶ月はゆっくりと体を休めて回復することに専念しましょう。

産後ダイエットの効果があらわれやすいのは産後6ヶ月までです。

その間は身体の負担が少ないストレッチや体操で徐々に骨盤の歪みを修正していくのがいいでしょう。

骨盤の歪みをなおすことで、下がっていた内臓の位置を元に戻し、内臓を活発化させるとともに基礎代謝もアップします。

骨盤ベルトや骨盤矯正椅子を使うのもいいですが、使用中少しでも身体の不調を感じたら、すぐにやめるようにしてください。

産後は体力がなく、子育てで大変な時期でもありますが、綺麗なママを目指して頑張ってみてください。

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ