水泳ダイエット方法の効果は?メニューや距離はどうする?

スナック菓子でダイエットができる!?

今までダイエットに挫折をしてきたあなたは必見!

なんと!
お菓子でダイエットができる驚異の商品!
食事制限が苦手な人は絶対におすすめ!

ダイエットで無理をする時代は終わった。

これからは、楽しく、無理なくダイエット!!



>>お菓子で痩せる理由は?<<

 

水泳はダイエットの中でも王道といえるダイエットです。

何故かというと、水泳は有酸素運動で、バランスよく全身をシェイプアップさせることができるからです。

水の中で行うため、ランニングや筋トレに比べて体への負担が小さいのも嬉しいところですね。

ですが、水泳ってハードルが高いと感じる人も多いのではないでしょうか?

泳ぎに自信がない人はもちろん、プールに通ったり、着替えが面倒、などなど。

しかし、そういったマイナスなイメージを吹き飛ばしてしまうほど、水泳ダイエットは効果が期待できるのです。

今回は、水泳ダイエットについてまとめてみました。

水泳ダイエットで効率よく全身を絞って、美ボディを目指してみましょう。

水泳ダイエットがおすすめな理由

まず、水泳は消費カロリーの大きい運動だということが挙げられます。

水の中で動くと、陸上で動いた時よりも2~4倍のカロリーを消費するのです。

そのため、たとえ泳げない人でも、水の中を歩くだけで高いダイエット効果が期待できるのです。

短時間で効果が期待できるのがありがたいですね。

そして、水泳は全身をまんべんなく使う運動なので、効率的に全身を鍛えることができます。

ただ体重を落とすだけでなく、全身を引き締めることで美しい体型になれるのです。

また、筋肉をつけることで痩せやすい体質になるため、リバウンドがしにくくなります。

水泳はダイエットに最適ともいえる運動なのです。

水泳ダイエットの正しいやり方

水泳ダイエットは決して難しいダイエットではありません。

週に2~3回、1回30分で十分な効果を期待できます。

有酸素運動は開始後20分から脂肪が燃え始めると言われていますので、30分続けられるように頑張りましょう。

泳ぐうえで大切なのは、スピードです。

あまり速く泳いでしまうと無酸素運動になってしまい、脂肪が燃焼されずに筋肉がついてしまいます。

脂肪を燃やすためにはゆっくりと長時間泳ぐ方が効果的なのです。

次に、泳ぎ方ですが、様々な泳ぎ方でも一番消費カロリーが高いと言われているのがクロールです。

腕でゆっくりと水をかくことで腕のシェイプアップが。

バタ足を付け根から、人魚の尾ひれをイメージして動かすことで太ももの引き締めが期待できます。

ただ、消費カロリーが大きいので、30分続けるのが難しいという人もいるかもしれません。

そんな人には平泳ぎがおすすめです。

クロールに比べて消費カロリーは少ない代わりに、比較的楽に泳ぐことができます。

もちろん、水中でウォーキングするだけでも効果があります。

陸上で歩くだけでは鍛えられない全身の筋肉を鍛えることができます。

水中ウォーキングのポイントは?

水中でのウォーキングのポイントは

・胸を張り、少し前傾の姿勢で行うこと

・目線はまっすぐ前方を見ること

・歩幅は広く、両腕を大きく前後に振ること

です。

水中でうまく歩けない場合は、陸上で歩き方をイメージしてから行ってみるとうまく歩けるようになりますよ。

水の抵抗を利用して、あえて膝を高く上げるように歩くようにするなどの変化をつけることで、身体の筋肉への刺激も変わり、効果も変わってくるのも特徴です。

また泳ぐ場合でも歩く場合でも、プールに入る前には必ず準備運動をしましょう。

参考:体幹リセットダイエットのやり方と効果の口コミは?

水泳ダイエットの注意点

ここでは、水泳ダイエットの注意点を挙げていきます。

まず、水泳は多くのカロリーを使うため、とてもお腹が減ります。

運動したから少しくらい食べてもいいだろう、なんて気持ちでいると、せっかくのダイエットが台無しになってしまいます。

くれぐれも食事の摂りすぎには注意しましょう。

水泳は効果的に筋肉をつけることができますので、たんぱく質中心の食事を心がけることで、ダイエットがはかどります。

また、プールに入った後、身体が冷えたままの状態になると、身体は体温を上げるために脂肪を蓄えようとしてしまいます。

そのため、運動後は湯船につかったり、サウナなどで身体をしっかりと温めてあげましょう。

水泳は消費カロリーが多いだけあって、なかなかハードな運動です。

慣れていないと30分泳ぐだけでもぐったりしてしまうでしょう。

仕事や家事などで疲れている日は、泳ぐのが億劫になってしまうかもしれません。

ですが、水泳ダイエットは継続してこそ効果のあるダイエットです。

水泳ダイエットは疲れるということを念頭に置きつつ、続けられるようなスケジューリングを心がけましょう。

参考:体幹リセットダイエットのやり方と効果の口コミは?

水泳ダイエットまとめ

水泳ダイエットは有酸素運動のため、効率よく全身を鍛えることができます。

泳げない人はプールの中でウォーキングをするだけでもOK。

週に2~3回、30分行いましょう。

泳ぐ前には必ず準備運動をしてください。

クロールは消費カロリーが大きいですが、疲れやすいので、疲れすぎてしまうようなら平泳ぎがいいでしょう。

水泳後は腹が空いてしまいますが、頑張って泳いだからと言って、自分を甘やかしてはダイエットの意味がありません。

量は増やさず、たんぱく質が多めの食事を心がければ、筋肉を増やすことができますので、痩せやすい身体を作ることができます。

あなたも水泳ダイエットにチャレンジしてみませんか?