白湯ダイエット方法は効果ある?作り方や温度、お湯との違いや飲むタイミングは?

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ

白湯が身体にいいという話を耳にしたことがある人は多いと思います。

白湯とは、沸かしたお湯を冷ましたものです。

テレビで芸能人が飲んでいると放映されてからというもの、ダイエットに興味がある人がこぞって飲むようになりました。

ただ水を沸かしただけの白湯に、そんなにいい効果があるの?

そこで、今回は白湯のダイエットに嬉しい効果についてまとめてみました。

是非、あなたのダイエットの参考にしてみてください。

白湯ダイエット方法は効果ある?痩せる理由

どうして白湯を飲むだけで痩せるのでしょうか?

まず、白湯を飲むことで血行が良くなることが挙げられます。

温かいものを体内に入れると、身体が内側から温まってポカポカしてきますよね。

身体が温まると血行が良くなり、新鮮な栄養や酸素が身体の隅々までいきわたるようになります。

同時に身体の老廃物もスムーズに排出してくれるので、身体の中が綺麗になるのです。

老廃物とは、人が栄養を作りだす際の化学反応で生み出された残りかすのようなもので、体内に溜まっていると、毒素や疲労物質が身体へ悪影響を及ぼします。

関連記事⇒女性の敵!セルライトを消す3つの方法とは?

血行が悪いとどうなる?

逆に血行が悪いと老廃物を溜めこんでしまうばかりか、脂肪を分解する働きも低下してしまうため、脂肪を溜めやすく太りやすい体質になってしまいます。

さらに、血行がいいと良質な睡眠が取れるため、ダイエットにも効果的なんです。

次に、身体の内側、つまり内臓が温まることで、各臓器の動きが活発になることがダイエットにつながってきます。

特に、胃腸の働きが活発になると消化するスピードが上がり、身体にとって不要なものをどんどん体外へ排出するようになります。

つまり、トイレの回数が増えるということです。

白湯は便秘の改善にも抜群の効果をもたらしてくれます。

白湯ダイエットの正しいやり方・作り方・温度

では、正しい白湯ダイエットの方法をご紹介します。

まずは白湯の作り方です。

1 やかんに水を入れ、お湯を沸かす

2 沸騰したら吹きこぼれないように蓋を少しずらし、弱火にして10分ほど沸かし続ける

3 火を止めたらそのまま50℃くらいに冷ます

これだけです。

時間がないときはマグカップに水を入れて電子レンジで加熱すればOKです。

だいたい1分半~3分ほどで白湯になります。

この50℃というのがポイントです。

熱すぎても冷たすぎても効果が薄いので、50℃という温度を守れるようにしてみましょう。

関連記事⇒キャベツダイエットの効果とやり方は?

白湯の飲み方やタイミング

こうして作った白湯を、1日800ml、1回200mlを目安に飲んでください。

がぶがぶと飲むのではなく、身体にしみわたるようにゆっくりと飲むのがいいでしょう。

じわじわと身体が内側から温まり、リラックスしてくるのが分かります。

最近は保温性が高くて軽い水筒がたくさん売られていますので、朝一番に白湯を作り、水筒に入れておけば簡単に持ち運べますし、温度も保つことができて便利ですね。

飲むタイミングについては、まずは朝起きてすぐをおすすめします。

目が覚めたばかりのタイミングは胃に何も入っておらず、身体がまだ眠っている状態です。

そこに温かい白湯を入れることによって内臓を目覚めさせ、活動を活発化させます。

白湯を飲んでから30分ほどたってから朝食を摂れば、消化吸収が良くなります。

また、就寝前に白湯を飲むのもおすすめです。

基礎体温が上がり、内臓が温まることで新陳代謝が促進されます。

身体が温まることでのリラックス効果もあるので、眠りにつきやすく、良質の睡眠が取れることにつながります。

後は昼食時やちょっとリラックスしたい時など、ゆっくりと白湯を飲む時間をリラックスタイムにして、心も体もほっこりとほぐしましょう。

関連記事⇒生理周期を活用して痩せるには?

白湯ダイエットの注意点

1日の白湯の量は800mlが目安です。

白湯ダイエットは白湯を飲むだけの簡単なダイエットなので、ついついたくさん飲んでしまいがちですが、量を守らないと身体にデメリットが生じます。

白湯には老廃物を排出しやすくなる効果があると書きましたが、つまりそれはデトックス効果があるということ。

そのため、たくさん飲みすぎると必要な栄養素まで流してしまうことがあるんです。

ダイエット中は食事を控えている人も多いと思います。

ただでさえ減らしている栄養素を流してしまうのはもったいないので、あまりたくさん飲みすぎないようにしましょう。

次に、白湯も水分なので、摂り過ぎることでむくみの原因にもなります。

また、食事中に白湯を飲みすぎると胃液が薄まります。

胃液が薄まると消化時に時間がかかったり、消化不良を引き起こす原因になったりしますので、注意しましょう。

白湯ダイエット方法まとめ

白湯ダイエットのコツは

1 沸騰させたお湯を50℃に冷ます

2 1回200ml、1日800mlを目安に飲む

3 たくさん飲んでも効果がでるわけではない

ということです。

多くの人が白湯を飲み始めて1週間ほどで身体の変化を感じるようです。

白湯ダイエット、是非試してみてください。

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ