ヨガとピラティスの違いはなに?どっちが痩せる?ダイエットに効果的な方法とは?

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ

ダイエットをしたいけど、あんまり激しい運動はちょっと……と考えている人も多いと思います。

そんな人に人気なのがヨガピラティスです。

ヨガはインド発祥の健康法で、ピラティスは呼吸と姿勢によって筋肉と骨格を正すことで健康になるという身体調整法です。

正直、どこが違うの?効果はあるの?どっちがいいの?とお悩みではありませんか?

よく似ているように思われがちですが、ヨガとピラティスは大きく異なるものなのです。

今回はヨガとピラティスの違いについてまとめてみました。

この記事を読んで、どちらがよりあなたのダイエットにマッチするか考えてみてください。

ヨガとピラティスの違い①考え方

まず、ヨガもピラティスも本来は減量が目的の運動ではありません。

はじめたからといってすぐに体重が落ちるわけではなく、継続することで、結果的にダイエットにつながるというものです。

ヨガはインドの思想体系に根差した修行・呼吸法の一つです。

呼吸を整え、瞑想の世界に入ることで快適で安定した心を保つことを第一に考えています。

正しい呼吸法でポーズをとることで身体の歪みを矯正し、心身ともに健康になるための運動なのです。

呼吸をしながらポーズをとることで身体に筋肉が付き、結果痩せやすい身体になるというわけなのです。

一方ピラティスは、元々は軍人などのリハビリ患者のために作られた運動です。

ヨガを参考に作られているため、よく似ているように見えますが、ピラティスにおいて一番大切なのはインナーマッスルの強化です。

ダイエットに興味のある人なら体幹という言葉を聞いたことがあると思います。

体幹とは人体の主要な部分、すなわち胴です。

具体的には胸、背中、腰回り、腹筋、お尻のこと。

インナーマッスルを鍛えることで身体への負担を減らし、姿勢を改善して身体のパフォーマンスを向上させます。

これが簡単なヨガとピラティスの考え方の違いとなります。

ヨガとピラティスの違い②呼吸法

ヨガとピラティスは、呼吸法も異なります。

まず、ヨガを行う際の呼吸は、基本的には腹式呼吸です。

※ヨガの流派によっては違う呼吸法もあります。

息を吸った時にお腹がふくれ、吐いた時にへこみます。

腹式呼吸は肺の下半分を動かす呼吸法で、副交感神経を優位にして精神をリラックスさせる効果があります。

ピラティスの呼吸法は、基本的には胸式呼吸です。

息を吸った時にお腹がへこみ、吐いたときにお腹がふくらみます。

肺の上半分を広げて鎖骨や肋骨付近の筋肉と骨格を動かすことで、肉体的な緊張を和らげる呼吸法です。

酸素を一気に取り込み、交感神経を優位にして身体を活発化させます。

自律神経を整えるにも有効な呼吸法です。

ヨガが腹式呼吸で心の安定を重視するのに対し、ピラティスは身体を正しく動かせるように活性化させ、理想の身体づくりを目指すための呼吸を心がけるようにします。

こうして比べてみると、呼吸法に関してはヨガとピラティスでは全く正反対のことを重要視しているんですね。

※ヨガもピラティスも様々な考え方や方法があり、ここで紹介したのは一例となります。

関連記事⇒女性なら絶対おすすめの生理周期ダイエットとは?

ヨガとピラティスの共通点 鍛える筋肉

このように、ヨガとピラティスには大きな違いがありますが、ヨガとピラティスで共通しているのはインナーマッスルという部分です。

ヨガの場合

ヨガの場合は、腹式呼吸でリラックスしながら、正しい姿勢をキープすることに集中することを心がけながら行います。

ヨガのポーズは簡単そうに見えますが、呼吸をしながらポーズを維持するのはとても難しいです。

ここで大切なのが、無理をしないこと。

ヨガはあくまでもリラックスしながら行うものです。

痛いと感じるほど無理をするのではなく、痛いと気持ちいいの間くらいでとどめておきましょう。

じっくりと筋肉を刺激しながら身体の内側を鍛えていくことで、身体はしなやかに仕上がります。

腹式呼吸による深い呼吸で緊張やストレスから解放され、心がスッキリしていくことで、身体も軽くなっていくのです。

関連記事⇒お酢は健康にもダイエットにも効果的?

ピラティスの場合

ピラティスは怪我の予防のため、姿勢の改善や体感を鍛えることが目的となっています。

そのため、ヨガに比べると筋肉を鍛えることが重視されています。

インナーマッスルを鍛えることで体幹が安定し、ずれた骨格が矯正されたり、内臓が正しい位置に戻ったりします。

その結果、肩こりや猫背や腰痛の改善につながるのです。

身体の筋肉量が増えれば代謝がアップし、脂肪を燃焼しやすく痩せやすい身体になります。

つまり、ヨガもピラティスも最終的にはインナーマッスルが鍛えられますが、そこへたどり着くための過程が違ってくるのです。

日々のストレスの改善や、心地よさを求めるならヨガを。

積極的に体幹を鍛えて身体のパフォーマンスを上げたいと考えるならピラティスを選ぶといいのではないでしょうか。

関連記事⇒女性の敵!セルライトの消し方とは?

ヨガとピラティスについてのまとめ

ヨガとピラティスの違いは、考え方と呼吸法。

ヨガは心身をリラックスさせて心の安定を大切にする運動法です。

腹式呼吸で深く呼吸をし、副交感神経を優位にして緊張をほぐします。

ピラティスは、怪我をしにくい身体になるための運動法です。

インナーマッスルを鍛え、強い体幹を作ることで身体の能力を向上させます。

また実際にヨガもピラティスもやってみると、その違いが分かりやすいかと思います。

そして、ヨガもピラティスも流派や団体によってはやり方から強度や難度も全く変わってきます。

私も個人的にヨガもピラティスも体験したのですが、ヨガの場合、ストレッチの延長に近いヨガから、修行と言えるほどの厳しさのあるヨガもありました。

そしてピラティスは、最初に慣れるまではちょっと難しい感じもしましたが、意識ができるとやった実感がとにかくしました。

あなたに合うのはヨガ、ピラティスのどちらでしょうか?

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ