下半身太り解消!ふくらはぎの痩せ方の筋トレ方法で、効率よくやるには?

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ

女性の多くの人が悩んでいるといわれる下半身太り。

そんな下半身太り解消の為の方法や考え方をこのサイトでは紹介をしています。

まずは、自分自身の下半身太りのタイプについて知っていただいたでしょうか?

 

関連記事:あなたの下半身太りにタイプは?5つのタイプを知ろう!

 

そして前回は、下半身太りの悩みの中でも多いふくらはぎの痩せかたの筋トレ方法の内容でしたね。

 

関連記事:下半身太り解消方法!ふくらはぎの痩せ方で良い筋トレは?正しい方法で効率的に引き締めよう!

 

なんとなく、ふくらはぎを痩せさせるための運動方法はわかったでしょうか?

では今回は、ふくらはぎの痩せる為の筋トレをさらに効率よくするための方法をご紹介します。

今回の内容は、ふくらはぎに限らず、他の筋肉での全く同じことが言えますので、しっかりと知識として知っておいていただけると、今後のダイエットにも役立つと思います。

 

関連記事:下半身太り解消!ふくらはぎを引き締めて美脚を目指す前に知っておいてほしいこと!

関連記事:下半身太り解消!家でスリッパをはいている人は要注意!ふくらはぎに悪い日常生活とは?

ふくらはぎを痩せさせる筋トレ方法と考え方について

では前回の復習にもなりますが、ふくらはぎの痩せ方を考えた筋トレの方法は覚えていますでしょうか?

忘れてしまった方は、関連記事から確認をお願いします。

 

関連記事:下半身太り解消方法!ふくらはぎの痩せ方で良い筋トレは?正しい方法で効率的に引き締めよう!

 

前回の内容をまとめると、

・ふくらはぎのメインの筋肉は、『腓腹筋』と『ヒラメ筋』がある

・腓腹筋は速筋で瞬発系の筋肉であり、肥大しやすい

・ヒラメ筋は遅筋で持久系の筋肉であり、肥大しにくい

・女性は両方鍛えた方がいいが、ヒラメ筋の割合を多くする

・鍛える種目は『スタンディングカーフレイズ(立っておこなう)』と『シーテッドカーフレイズ(座っておこなう)』

という内容でした。

またふくらはぎの筋肉があることで下半身太りがしにくくなることや、健康にもいいということも以前お伝えしました。

 

関連記事:下半身太り解消!ふくらはぎを引き締めて美脚を目指す前に知っておいてほしいこと!

 

しっかりとこの部分を頭に入れておいていただければと思います。

 

ふくらはぎの痩せ方を考えた筋トレの基本的な考え方は?

では今回の本題であるふくらはぎの筋トレの効果的な方法についてお伝えします。

冒頭でもお伝えしましたが、この考え方はふくらはぎに限らず、全ての筋トレに共通していえます。

まず基本的な考え方として、筋肉は日常レベルでは成長しないということです。

ふくらはぎの筋肉への刺激を考えると、歩く動作や階段んを登る動作など、移動が伴う動作でふくらはぎの筋肉は使われます。

しかし、日常の動作だけでは、ふくらはぎが痩せないのは、筋肉がその動作に慣れてしまっているからなんです。

逆をいえば、慣れない負荷がかかると、筋肉はその負荷に適応して成長するのです。

筋肉痛というのは、その負荷に対しての適応をしている証拠でもあるのです。

なので、筋トレをする時のポイントとしては、限界まで行うということです。

もちろん限界までといってもぶっ倒れるまでやるというわけではなく、身体きついなと感じるぐらいで結構です。

ではカーフレイズに話を戻すと、毎日カーフレイズを行う場合も、回数をあまり決めずに、きついと感じるまでやった方が効果は高いという事がいえます。

回数を決めてしまうと、限界とかの以前に回数で終わってしまうので、自己満足で終わることが多いんですね。

同じ筋トレでも刺激を変える方法

では、きついと感じるまでやることが分かったらもう一つ疑問が出てくるのではないでしょうか?

筋肉が慣れてくるという事は、きついと感じるまでやるのに、どんどん時間がかかるようになるのではないか?

ということです。

そうなんです。同じ負荷で続けていると、身体が慣れて筋肉がついてくるので、段々時間がかかるようになってしまいます。

そこで大切なのが、刺激を変えることです。

刺激の変え方はたくさんあるのですが、いくつかふくらはぎの筋肉考えて挙げてみます。

⓵上げ下げする秒数を変える

⓶やっている間はかかとをつけないで筋肉を休ませない

⓷片足ずつおこなう

⓸重りを持つ

これだけで4種類の方法がありますね。

それを組み合わせればもう何種類か出てくると思います。

これでも刺激に慣れてきたら、重りをどんどん増やすか、新しい種目に変えることをおすすめします。

まずは、継続的にやってみてください。

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ