ふくらはぎの痩せ方で良い筋トレは?ふくらはぎを引き締めよう!下半身太り解消方法!

理想のボディを目指すなら、バストラインも重要ですよね!?

安心!安全!バストアップサプリ登場!!

全額返金保証付きの【Bom²Boron(ボンボンボロン)】なら
安心して始められます!

>>全額返金の条件を見てみる<<


>>公式HPはコチラ<<

 

女性の大きな悩みのひとつである下半身太り。

多くの女性が下半身太りに悩みを抱えていまして、下半身太り解消をテーマに様々な方法や考え方をお伝えしています。

まずは下半身太りの自分自身のタイプを知ってもらったと思いますが、その後、部位別に説明をしています。

そして今回はふくらはぎの痩せ方の良い筋トレ方法を紹介します。

関連記事:あなたの下半身太りにタイプは?5つのタイプを知ろう!

ただひとつ念頭に置いて頂きたいのが、脂肪の部分痩せは難しいという事です。

人間の身体は頭から足まで様々な機能が働いている為、全体のバランスもある関係で、なかなか部分痩せは難しいといわれています。

難しいと言葉を濁しているのは、理論によっては部分痩せは可能という理論もありますし

人によっては部分痩せは絶対に無理といっている人もいます。

私個人の意見としては、今までも無理だと思ってきたことが数年後には可能になったり当たり前になったケースもたくさんあるので、一概に否定も賛成もできないなと思います。

ただ、現時点での実際の経験上は部分痩せは難しいかなと考えています。

さて、では本題のふくらはぎの痩せ方の筋トレ方法についてお伝えをしていきたいと思います。

あれ?いま部分痩せは難しいと言ったばかりでは?と思った人もいるかと思います。

そう、脂肪を部分的に落とすのは難しいと思いますが、筋肉を部分的につけて引き締めていくことは可能なんです。

なのでこのサイトでは、下半身太り解消の為に、部分別に分けて説明をしているんですね。

【ふくらはぎの痩せ方、筋トレ】ふくらはぎの筋肉の重要性は?

以前の記事を読んでいただいた人はなんとなくわかるかと思いますが、まだ読んでいない人は、是非参考にしてみてください。

 

関連記事:ふくらはぎを引き締めて美脚を目指す前に知っておいてほしいこと!

関連記事:家でスリッパをはいている人は要注意!ふくらはぎに悪い日常生活とは?

 

簡単にまとめると、

・ふくらはぎの筋肉をがないと下半身太りがしやすい

・ふくらはぎの筋肉は健康の上でも重要な筋肉になる

・ふくらはぎの筋肉を使うには、足首を動かす動きが大切

・家でスリッパを履いたり、通常ヒールを履いている人は足首の動きが少なくなるので要注意!

って感じですかね。

ひとまずここをおさえておきましょう!

ふくらはぎの痩せ方の筋トレに重要な筋肉は2つ

ではふくらはぎの痩せ方の筋トレ方法を紹介する前に、ふくらはぎの筋肉を知っていきましょう。

メインとしてある筋肉は、『腓腹筋』『ヒラメ筋』になります。

よくテレビのCMなんかでもたまに『ヒラメ筋』って言葉が出てきたりして、覚えやすい名前ですよね。

この2つの筋肉は、ふくらはぎについている筋肉になります。

この2つの筋肉は似たような場所にあるのですが、機能が違うんです。

腓腹筋 = 速筋 = 瞬発力に優れている = 肥大しやすい

ヒラメ筋= 遅筋 = 持久力に優れている = 肥大しにくい

そう、2つの筋肉は機能が違うんですね。

この2つだけをみると、じゃあヒラメ筋だけ鍛えればいいのか。

と思いがちですが、やはり両方鍛えた方がいいです。

ただ、女性の場合はひらめ筋の割合を増やした方がいいですね。

ふくらはぎの痩せ方の筋トレ方法

では、ふくらはぎの痩せ方としておすすめの筋トレは方法ですが、王道はカーフレイズになります。

もう知っているという人も多いと思いますが、実は意識を変えるだけで効果が全然違ってくるんです。

カーフレイズ

映像を見てもらって、動きはわかったと思います。

簡単にいうとかかとの上げ下げ運動になります。

結構手軽にできるふくらはぎを痩せさせる筋トレになりますが、

映像の立って行うカーフレイズは、『腓腹筋』を鍛える運動になります。

では、気になる『ヒラメ筋』の筋トレとしては、

膝を曲げて行う

という事が大切になります。

家にダンベルなどの重りがある人は、椅子に座って膝の上にダンベルを置いて行う『シーテッドカーフレイズ』

が有効です。

シーテッド・カーフレイズ

ダンベルなどが無い人は、立った姿勢で膝を曲げて、かかとの上げ下げ運動でも大丈夫です。

ふくらはぎを痩せさせるためには、身体を慣れさせないことが重要!

そしてもう一つ大切なことがあります。

それはふくらはぎに限らず全ての筋トレに共通して言えることなのですが、身体を慣れさせないことなんです。

筋肉は、今まで感じたことのない刺激に反応し、適応し、成長します。

なので、いつも同じ運動だけだと維持はできても、成長はいにくいんですね。

なので、同じ刺激ばかりを続けているのではなく、変化をさせることが大切なんです。

では、その具体的な変化のさせ方については、改めてまとめていきたいと思います。

まずは、今回紹介した『スタンディングカーフレイズ』と『シーテッドカーフレイズ』をやってみてくださいね!

理想のボディを目指すなら、バストラインも重要ですよね!?

安心!安全!バストアップサプリ登場!!

全額返金保証付きの【Bom²Boron(ボンボンボロン)】なら
安心して始められます!

>>全額返金の条件を見てみる<<


>>公式HPはコチラ<<

 

スポンサーリンク