下半身太りの解消の前にあなたのタイプは?5つのタイプを知ってから始めましょう!

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ

女性にとって大きな悩みのひとつとなる下半身太り。

若い頃はこんな感じじゃなかったのに、年齢を重ねるにつれて下半身が太くなっていったという人や、気がついたら太くなっていたという人、などなど、多くに女性が下半身太りに悩みを抱えていますね。

また、女性のファッションとしてスカートで下半身太りを隠すことはできるものの、脚が見えないようにと周りに常に気を使う事がストレスに感じたり、実は履きたいズボンもあるのに我慢をしている人も多いのではないでしょうか?

そんな下半身太りに悩む女性のお役にたてればと思います。

では、今回のテーマは『下半身太りのタイプ』についてです。

下半身太りというと様々なタイプがあり、実はそれによっても運動方法も変わってきたりするのです。

なので、今回は自分がどの部分が太っているのかを理解していければと思います。

これは、自分の下半身太りがどのタイプなのかを知ることが重要なんです。

ただ闇雲に下半身を痩せたい!って思っていて、ポイントも絞らずに下半身太り解消方法を実践してもその人に合っていなければ、無駄な時間になってしまいます。

是非、自分はどこが太っているのかを理解してみましょう!!

下半身太りのタイプとは?

下半身太りとタイプというとよく、『水太りタイプ』『筋肉型』となどの分け方もしますが、今回はそういったタイプの分け方ではなく、下半身のどの部分が太いのかのタイプ分けをします。

そのタイプを知ることで、今後運動などでどういったことをやればいいのかを理解してもらえらばと思います。

下半身太りのタイプ⓵お尻太り

20代の頃はあまり気にならなかったのに、30代を超えてからお尻が気になる女性も多いのではないでしょうか。

また、出産を機にお尻に肉がつきやすくなったという人も多いようです。

年々お尻が垂れてきて、恥ずかしくてピチッとしたズボンが履けなくなったり、銭湯などでも他人のお尻が気になったり・・・・。

お尻は実は自分からは見えない場所にあるので、実際どうみられているのかも気になりますよね!

女性らしさを出す上でも下半身太りの中でもお尻は重要な個所になります。

ちなみにお尻が太くなってしまう人の特徴として、

⓵お尻の筋肉に力を入れる入れ方がわからない

⓶歩く時にお尻の力を一切使わずに、脚の力だけで歩いている

という傾向があります。

お尻が太くなっている人の歩き方の傾向として、

歩く速度が遅い

少し身体が前傾姿勢で歩いている

脚を後ろに蹴り出して歩いていない

傾向があります。

街中でちょっとお尻の気になる人を見かけたら、是非歩き方も見てみてください!

下半身太りのタイプ⓶太もも

下半身太りタイプの⓶として、太ももが太いタイプになります。

結構昔にスポーツをしていた人にも多いタイプにあります。

太もも自体が全体的に太い人

膝周りが太くて膝のくびれが無い人

などが多くいます。

体質によっても変わってくるのですが、お尻と連携をしているパターンも多く、お尻の筋肉を使えなくて、脚ばかりの筋肉に頼って歩いていたりすると体重が全て太ももに負担がかかってしまい、結果として太ももが太くなる傾向にあります。

また過去にスポーツをしていたという人も、お尻を使わずに太ももばかりに負担をかけてしまっていて、太ももの筋肉ばかりが発達したというケースもみられます。

下半身太りのタイプ⓷ふくらはぎ


このタイプの人は、筋肉が発達しすぎというよりは、使わな過ぎて太くなるパターンも多いようです。

特にふくらはぎが太い人は脚がむくんだり、冷え性だったりというケースもあります。

過去にスポーツを全くやってこなかった人にも多いです。

ふくらはぎって、丈の短いズボンをはいたり、スカートを履いたりする時にも比較的見える部分になるので、ファッションの上でも大切な個所になりますね!

 

下半身太りのタイプ⓸足首


これも多くの女性が悩んでいるのではないでしょうか。
ふくらはぎと同様に、ファッションをうえでも、かなり見える頻度が多い箇所になります。

結構男性にとっても女性の足首の太さは気になるようで、それが原因で付き合わないなんて悲惨なケースも現実としてあるようですね。

ここも生まれもった太さもありますが、トレーニング次第で、いくらでも細く見せることのできる個所になります。

下半身太りのタイプ⓹全体


下半身太りのタイプの中で、全体が太くて悩んでいる人がかなり多いと思います。

ただ、その全体というのが脂肪で太いのかどうかによってもやり方は変わってきます。

タイプ⓵~⓸は、どちらかというと筋肉を使用していくことで引き締めることは可能ですが、脂肪があると、筋肉を使用して引き締めるのと同時に脂肪を燃焼させることも重要になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

あなたはどののタイプでした?

もちろん、タイプは必ずしも一つではなく、『お尻と太もも』や『足首以外』など

複数のパターンも多いです。

今回は、タイプのみでしたが別記事で具体的な方法もお伝えしていきたいと思います!

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ