下半身太りの原因は冷え性!?改善方法や冷え性の原因を徹底解説!

スナック菓子でダイエットができる!?

今までダイエットに挫折をしてきたあなたは必見!

なんと!
お菓子でダイエットができる驚異の商品!
食事制限が苦手な人は絶対におすすめ!

ダイエットで無理をする時代は終わった。

これからは、楽しく、無理なくダイエット!!



>>お菓子で痩せる理由は?<<

 

世の中には下半身太りに悩んでいる人が非常に多くいらっしゃます。

また同じぐらい冷え性に悩んでいる人も多くいるのが現状です。

実は下半身太りの原因が冷え性にもあったってご存知ですか?

それなら冷え性を改善すれば下半身太りも改善することができる可能性はありますよね。

そこで今回は、下半身太りの原因でもある冷え性の改善方法やそもそもなぜ冷え性になってしまうのかの原因もご紹介していきます。

『下半身太り=冷え性』の関係とは?

まず初めに、冒頭でもお伝えをしました下半身太りと冷え性の関係について考えていきましょう。

先程、

下半身太りの原因が冷え性

といった伝え方をしましたが、逆の言い方をすると

冷え性の原因が下半身太り

とも言えます。

なので統計的にみると、下半身太りで悩んでいる人の多くが冷え性の場合が多く、反対に冷え性の人は下半身太りになりやすいともいえるのです。

ただし、下半身太りにも様々な種類がありまして、人によってとらえ方が違います。

単純に下半身に脂肪が多くついてしまっている下半身太りもあれば、

運動などをするとすぐに筋肉がついてしまうという下半身太りに悩んでいる人もいるのです。

そして今回扱っていきたい下半身太りは、単純に下半身に脂肪が多くついてしまっている下半身太りになります。

下半身に脂肪が多くついてしまっている下半身太りの場合には冷え性になることが非常に多く、悩んでいる人も多いのです。

ちなみに、筋肉がつきやすい下半身太りの人については、冷え性になることも少ないのです。

関連記事⇒下半身太りの5つのタイプとは?

冷え性の影響は?

では下半身太りの原因ともなる冷え性ですが、改善方法の前に冷え性の原因や、冷え性になることの影響について見ていきます。

まず冷え性は実際になったことがない人にはその辛さはわかりませんが、とにかく手足が冷えてしまい、中には真夏でも身体は暑くても手足だけは冷えてしまっているという人もいらっしゃいます。

では実際に冷え性になることで身体や精神にどういった影響があるのかを見ていきます。

手足が冷えて眠れない

まず冷え性の方に多いのが手足が冷えてしまって眠れないという症状です。

特に冬なんかは何枚も靴下を履かないと、とにかく足が寒くなってしまったり、夏でも靴下が必要なんて言う人もいます。

手足が動きにくい

手足が常に冷えているため、指先までがスムーズに動きにくく、何をするにしても違和感を感じたりするのも冷え性の人の特徴となります。

身体が温まりにくい

特に冬場には顕著に表れるのですが、人間は手足が寒いと身体全体も寒く感じてしまいます。

その為、冬場には一生懸命身体を温めても、手足が寒いので常に寒く感じたりしてしまいます。

むくみ

冷え性の人に多くみられるのが、むくみです。

冷え性の人は手足の血液の循環が悪いため、指先に血液や体液が滞ってしまい手足がむくみやすくなる傾向にあります。

頭痛、生理不順、精神的ストレス

今まで紹介をしてきたような症状と常に向き合わないといけないため、精神的なストレスは非常に多くその結果、頭痛や生理不順になりやすくなります。

また場合によってはうつ病にも発展する場合があるのです。

冷え性による影響をご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

たかが冷え性と思いがちですが、身体や精神に対しての悪影響は非常に多くあります。

ただし冷え性も個人差が激しく、本当に深刻な冷え性に人から自覚症状がないレベルの冷え性の人までいるの事実です。

冷え性の原因は?

冷え性ですが、様々な原因があります。

・筋肉の不足

・筋肉の機能不足

・栄養バランス

・ホルモン系

・病気

などなど原因は様々です。

この中でも、多くの人の原因として挙げられるのが『筋肉の不足』『筋肉の機能不足』になります。

また『栄養バランス』が原因の人も比較的多くいます。

反対にホルモン系の原因や、病気の人については内臓系や循環器系の可能性もありますので早めにお医者さんへ相談をすることをおすすめします。

そして今回、冷え性に原因として注目をしていきたいのが、『筋肉の不足』と『筋肉の機能不足』となります。

『筋肉の不足』と『筋肉の機能不足』が冷え性の原因となりますが、この2つの違いから説明をしていきます。

冷え性の原因①筋肉の不足

『筋肉の不足』とは、単純に筋肉の量のことになります。

筋肉には様々は働きがありますが、その一つに熱を発する働きがあります。

なので筋肉が多い人ほど、熱を発しやすく、汗もかきやすいと言われています。

反対に筋肉が少ない人は、身体から熱が発しないので、冷え性になりやすくなるわけですね。

また筋肉には熱を発する以外にも様々は働きがあります。

その為、筋肉が少ないことによる弊害も多くありますので、一度筋肉の役割を理解しておくことをおすすめします。

関連記事⇒女性が筋肉を増やす5つのメリットとは?

冷え性の原因②筋肉の機能不足

冷え性の筋肉の原因の2つ目は筋肉の機能不足になります。

これは一般的にみて筋肉の量が少ないわけではないのに冷え性という人の多くみられる傾向にあります。

筋肉はあるのに、その筋肉が上手く機能していないことにより、血液や層廃物、体液などを上手く運搬することができず、血流が悪くなって冷え性になるというものです。

一般的に冷え性は筋肉の量が少ない女性に多くみられますが、男性で冷え性に人は、機能不足の可能性が高いのです。

また冷え性は筋肉の量が足りない場合と筋肉の機能が不足している場合のどちらかというわけではなく、両方の原因で冷え性になる人がほとんどです。

関連記事⇒女性が筋肉を増やす5つのメリットとは?

冷え性を改善する方法と下半身太りを改善する方法紹介

ここまで冷え性の影響や原因を紹介してきました。

なんとなく冷え性と下半身太りが関係している感じはしてきたと思いますが、下半身太りと冷え性の関係性をまとめます。

また、下半身太り&冷え性の改善方法も紹介をしていきます。

下半身太りと冷え性の関係性

冷え性の原因に挙げた、筋肉の不足と、筋肉の機能不足が下半身太りには大きく影響をしてきます。

結局筋肉の量が少ないということは、それだけ代謝が低いということですので、太りやすくなります。

また、筋肉が上手く働かないということはそれだけ下半身にも老廃物が溜まったり、栄養が行き渡らなかったりするので、結果として下半身はむくんだり、脂肪をため込みやすくなるという訳なんですね。

下半身太り&冷え性の改善方法は?

では下半身太りや冷え性を改善するためには何がいいのでしょうか?

冷え性の原因から考えると、

・下半身の筋肉の量を増やす

・下半身の筋肉を使えるようにする

ということになります。

結局は筋肉の量を増やすために筋力トレーニングや、その他の運動をすれば筋肉は使えるようになりますので、どちらにしても筋肉を使ってあげる運動が一番のおすすめとなります。

その中でも、まず最初に始めてほしいのは『ウォーキング』と『ジョギング』です。

自分の体重を支えるだけでも最初の段階としては、充分な運動となりますので、1日数分でもいいので『ウォーキング』や『ジョギング』をしてみてはいかがでしょうか?

また更に詳しい下半身太り解消の方法については下記にまとめていますので、参考にしていただければと思います。

関連記事⇒下半身太り解消方法まとめ記事

またどうしてもウォーキングやジョギングができないという人は、ストレッチもおすすめです。

ストレッチについては『筋肉を使えるようにする』ためになりますが、冷え性の人に身体が固い人は非常に多いです。

その為、下半身のストレッチから始めてみてもいいです。

下半身太り&冷え性の原因と改善方法まとめ

ここまで下半身太り&冷え性の原因や改善方法をまとめてきました。

もしかしたら『ウォーキング』や『ジョギング』などの単純な事ではなく、もっと深く知りたいという人もいるかもしれませんが、人間にとって歩くということが一番の健康の基本となります。

まずはそういった単純なことをとにかく継続してみることが一番のおすすめになります。

また更に深く知りたい方は下記の下半身太り解消の記事を参考にしていただければと思います。

関連記事⇒下半身太り解消方法まとめ記事