プロテインは太る?女性も男性もやってはいけない3つの飲み方

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ

今や運動をしている人にとっては常識となりつつあるプロテインですが、
よくダイエットの為にプロテインを飲んでいるのに
プロテインを飲むを太るという話を聞きます。

特にダイエット目的でプロテインを飲んでいる女性にとって、
せっかくプロテインを飲んでいるのに太るなんてもってのほかですよね。

プロテインは本当に太るのか?女性にとっても男性にとっても
重要な問題になりますので、まとめました。

プロテインは太る?1日の必要なプロテイン(タンパク質)の量は?(基本量)

まずおさえておきたいのが、1日のどのぐらいのプロテイン(タンパク質)の量を
摂ればいいのかということです。

まず通常の健康状態を保つための必要量としては、体重1Kgあたり、1g
のプロテイン(タンパク質)が必要となります。

なので体重が60Kgの人であれば、60gのプロテイン(タンパク質)をとることが必要になります。

大体の計算にはなりますが、肉が100g中、約20gのプロテイン(タンパク質)が入っていますので、体重60kgの人なら

1日に肉を300gは食べる必要があるという単純計算になります。
※実際には様々な食品にプロテイン(タンパク質)は入っていますので、極端な計算になります。

関連記事:女性の筋肉がつくことによる5つのメリットとデメリットは何?

プロテインは太る?1日の必要なプロテイン(タンパク質)の量は?(運動をしている人)

では先程は、基本的なプロテイン(タンパク質)の量を説明しましたが、今度は運動をしている人はどのぐらい必要でしょうか?

一般的には体重1gに対して、1.5g~2gのプロテイン(タンパク質)が必要だといわれています。

なので、体重60Kgの人であれば、120gのプロテイン(タンパク質)が必要だという事になりますね。

さっきの極端な肉の計算でいくと、1日600gの肉を食べないといけないという事になるんです。

結構ヤバイ量ですよね。

しかも、それだけのプロテイン(タンパク質)の量を摂ろうとすると、当然他の脂肪とかの栄養も一緒に吸収してしまうので、

結果的に太ってしまうという事になりますね。

だからこそ、プロテインを上手く活用することが大切になります。

プロテインは太る?女性も男性もやってはいけない飲み方⓵必要以上に飲む

ではプロテイン(タンパク質)のやってはいけない飲み方を説明していきます。

まず1つ目は必要以上に摂取をすることです。

身体を変えたいという気持ちが強ければ強いほど、なるべく早く変化をしてほしいと思うものです。

トレーニングをしていても、なかなかすぐに効果が出ないと、このままで大丈夫かと焦ったり、違う事をやりたくなりますよね。

そして、プロテイン(タンパク質)も同様で、筋トレをしたからたくさん摂ろうと思ってしまい、

最初のうちは必用量以上にプロテイン(タンパク質)を摂取してしまうことがあります。

まず考えて頂きたいのが、プロテインはあくまでも補助食品の位置づけで考えてもらうといいと思います。

食事では補いなえない分を補うためのものですので、まずは自分が食事でどれだけのタンパク質を摂れているのかを計算した方がいいです。

ちなみに必用量以上に摂ったタンパク質はどうなるか知っていますか?

なんと、必要以上に摂ったタンパク質は脂肪になってしまうんです。

なのでよくプロテインは太るっていわれるのは、この摂り過ぎが原因なんですね。

なので、プロテイン(タンパク質)を適正量を摂っていれば全く問題はありません。

プロテインは太る?女性も男性もやってはいけない飲み方⓶食事と一緒に飲む

これはそれぞれ考え方があるので、もちろん食事と一緒に摂った方がいいという考え方も存在します。

また、ダイエットをしたいときに食事の前にプロテインを摂って、空腹感を満たしてから食事をするというダイエットもあります。

どれも間違いではないので、今回の話もあくまでも1つに意見として知っておいてもらえればと思います。

食事と一緒に(特に食後に)プロテイン(タンパク質)を摂取すると、⓵の内容にもつながりますが、やはりタンパク質の摂り過ぎになる可能性が高くになります。

しっかりと食事のタンパク質量を計算したうえで、プロテイン(タンパク質)を摂取するのであれば問題ないのですが、

何も考えずに食後にプロテインを飲んでいると、確実に太りますので、注意が必要です。

また、プロテイン(タンパク質)の摂り過ぎでもう一つ問題があるのが、肝臓への負担です。

やはり、栄養がそれだけ多く入ると、それを分解する肝臓へも負担がかかります。

結構顕著に表れるケースもありますので、もし食事にプラスでプロテイン(タンパク質)を摂取する場合は

食事で摂取できる栄養量を計算する

一気にやらず、徐々にプロテインの量を増やす

といいう感じでやってもらえればと思います。

プロテインは太る?女性も男性もやってはいけない飲み方⓷寝る直前に飲む

これもついても、考え方によっては寝る直前に飲んだ方がいいという意見もありますし、

中にはあえて寝ている途中で起きてプロテインを飲んでまた寝ることで体内のタンパク質量を常に一定に保つというやり方もあります。

なので、また1つの意見をして知っておいていただければ思います。

本来寝ている間は身体を休めることが目的となり、もちろん内臓系も極力休ませてあげることが必要になります。

しかし寝る直前にプロテイン(タンパク質)を飲むと、寝ている間も常に内臓で消化が行われているので、身体が休まらないんです。

その結果、朝の寝起きが悪かったりという事にもつながります。

なので、それが嫌だという人は寝る数時間前にプロテイン(タンパク質)を飲んで、消化をさせてから寝る方がいいかもしれません。

直接太ることには関係はしませんが、睡眠充分にとれなければ、次の日の運動をするモチベーションにもつながりますし、

結果として、ダイエットにも影響が出てくるのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プロテインは効果的に使えば非常に重要なものになりますが、飲むタイミングを間違えると逆効果の場合もあるんですね。

是非、気を付けて飲んでもらって、理想の身体を目指してください。

●●を知れば恋愛は誰でも上手くいく

恋愛を成功させるには科学的に証明されている●●の仕組みを知ること!

それだけであなたの恋愛は上手くいくのです。

そんな●●についてはコチラ